やくしま香り玉(芳樟ver.)


「 コリにじんわり 香りふんわり 」


やくしま地杉の幹のブレスチップと、
鹿児島は指宿の芳樟(ほうしょう)リーフが入った香り玉。

そのままサシェ(匂い袋)として、
温めて温熱ハーブボールとして、
そのままお風呂に浮かべてハーブ風呂…。

たっぷり楽しんだら包みを開いてみてください。
“ 海からのギフト ”として、屋久島の貝かサンゴが入っています。



[ 商品サイズ ] 

ボール部分 : 直径 約7.0 (cm)
持ち手部分 : 幅2.0〜4.5 × 長さ約7.0 × 厚さ約2.5 (cm)



[ 詳細 ]

包み : 木綿さらし
中身 : ブレスチップ(地杉幹)
    芳樟(ほうしょう)の葉
    貝殻 or サンゴ


やわら香では、「地杉」など屋久島の素材を原料に
水蒸気蒸留法という方法で精油抽出を行っていますが、

蒸留を終えた原料チップを「ブレスチップ」と名付け、
それを活かした商品づくりをしています。
香り玉の原料の主役はこの「ブレスチップ」です。

指宿の芳樟リーフは、
ローズウッドにも似た甘く華やかな香りが特徴です。



[ 使用方法 ]

使い方は3通り。
 銑の順番に使えば3通り楽しむことができます。

   ,修里泙泪汽轡А米い袋)として
枕元や玄関、トイレ、クローゼットなどにポンと置いておくだけ。
地杉や芳樟の香りがほんのり香ります。


   温めて温熱ハーブボールとして
ボール部分を湿らせてから蒸し器かレンジで温めて、
首や肩、腰、お腹、ふくらはぎ、ひざ、足の裏などに優しくあてます。
温めることで立ちのぼる香りと、じんわりとからだに伝わる熱で、
こころもからだもゆるんでリラックスできます。

※香り玉を温める時は、霧吹きで湿らせるか、
 器に水を張ってポチャっと浸してから余分な水分を絞る方法でもOK。


   お風呂に浮かべてバスパックとして
そのままお風呂にポンと浮かべて、やくしま風呂に。
お湯を沸かす時から入れておくとしっかりと香ります。



[ 注意事項 ]

・持ち手になる部分を濡らすと熱くて持ちにくいのでお気を付け下さい。
・温めるときはやけどにご注意ください。
・完全に乾かして保管しないとカビてしまう可能性もあるので、
 濡らしてご使用の際は1回で使い切るか、しっかりと開いて乾かすことをおすすめします。
  • 800円(内税)

型番 JS-45